経理の課題を解決するためのブログ「経理パレット」

経理パレット

経理×テクノロジー

時間を大幅削減できる!インターネットバンキングの基本を徹底ガイド

更新日:

参考

時短やシステム連携などメリットが満載!インターネットバンキング超入門

 

銀行との取引をパソコンやスマートフォンで行なえるインターネットバンキングは、今や多くの人が利用しているサービスです。

銀行の営業時間外であっても時間を気にせず振込や入出金明細の確認をすることができるため、多くの手間を省くことができます。

企業だけでなく個人にとってメリットが大きいインターネットバンキング。この記事ではインターネットバンキングの基本や導入するメリット、インターネットバンキングで起こりやすいミスなどについてお伝えします。

 

インターネットバンキングとは?

インターネットバンキングとはインターネット上で取引ができる銀行サービスのことです。

基本的に銀行の窓口に行かなくても、24時間365日銀行と取引できます。そのため日中、わざわざ銀行に行くための時間を取る必要がなく、時間の有効活用につながります。

取引できる内容は振込振替、総合振込、給与振込、海外送金、入出金明細の確認などさまざまなサービスに対応している銀行がほとんど。

また、銀行の店舗を構えていないためその分振込手数料などのコストが安くなっている銀行もあります。

インターネットバンキングには2種類ある

インターネットバンキングには以下の2パターンがあります。

  • インターネット専業の銀行
  • 従来の銀行がインターネットでもサービスを行なっている

インターネット専業の銀行はジャパンネットバンクや楽天銀行などのこと。実店舗を持たないため、その分取引手数料が低く設定されているのが特徴です。

従来の銀行とは三井住友銀行や三菱UFJ銀行など都市銀行や地方銀行などのことです。実店舗の窓口やコンビニなどのATMに加え、インターネットバンクというサービスを提供することで、より顧客の利便性を高めています。

 

インターネットバンキングでできること

インターネットバンキングではさまざまなサービスを利用することができます。

振込振替

通常の振込を行なうことができます。送金先ごとに1件ずつ伝票を作成し、送金していくイメージです。

ほとんどの銀行ではインターネットバンキングのシステムに口座名義・銀行名・支店名などが間違っていれば修正する機能がついていて、振込エラーが起こりにくいのが特徴です。

また、明細には送金先が1件ずつ記載されるため、どこにいくら振り込んだのかがひと目で分かります。

当日振込ができる銀行も多いため、緊急で振り込みたい場合などに活用されることが多いですよ。

総合振込

総合振込は複数の振込先に1枚の伝票で振込ができるイメージです。

振込振替はデータの作成も承認も1件ずつ対応しなければならないのに対し、総合振込の承認はたとえ振込先が100件あっても1回の承認で振り込むことができます。

ただし口座名義や銀行名などの修正機能がないため、間違いがあれば振込エラーとなります。

海外送金

海外送金もインターネットバンキングで対応することができます。インターネットバンキングの基本プランに追加して海外送金サービスをつけなければ利用できない銀行もあります。

海外送金をする予定であれば事前に申し込んでおくようにしましょう。

給与振込

給与振込は大量・複数のデータを一度に送伝・承認することができます。総合振込と同じようなサービスですが、実は給与振込サービスは手数料が低く設定されていることが多くあります。

給与振込サービス利用自体にシステム利用料がかかることが多いため、社員数が多く手数料が膨らんでいる場合には、給与振込サービスを利用することで大幅に振込手数料をカットできる可能性があります。

少人数の企業の場合は振込振替や総合振込で給与振込をしていることもありますよ。

地方税の納入サービス

利用するインターネットバンキングによっては地方税の納入サービスを利用して、住民税を納付することができます。

都市銀行のインターネットバンキングがサービスを提供していることが多いですよ。

 

インターネットバンキングを使う2大メリット

メリットが多いインターネットバンキングですが、ここで再度おさらいをしておきましょう。

時間が大幅に節約できる

インターネットバンキングの最大のメリットは銀行に行く手間が省けること、時間を気にせず銀行取引ができることです。

これにより時間が大幅に節約できます。

会計ソフトなどへデータを連携できる

最近ではクラウド会計ソフトにインターネットバンキングの明細をAPI連携し、自動的に銀行取引データを会計ソフトに反映することができるようになりました。これにより経理の会計入力作業を大きく削減することができます。

 

インターネットバンキングを業務フローに落とし込むときの注意点

インターネットバンキングを導入する際、作業者と承認者を分けて運用する企業がほとんどです。ダブルチェック体制を置くことで、ミスや不正防止に一定の効果があります。ではこのワークフローを組み立てるときに必ず確認しておきたいこととは何でしょうか。

承認フローを確立させる

インターネットバンキングを運用する前に、誰がいつ振込データを作りいつまでに承認するのかフローを決めておきましょう。誰か1人が振込担当になると、チェック機能が働かなくなり、ミスや不正の温床になることもあります。できる限り複数名で承認フローを運用するとよいでしょう。

管理者を決める

管理者はイコール承認者です。管理者は振込の承認権限を持っています。そのため経理担当者が作成した振込データを確認し、最終的に承認する役割を担います。

権限管理を決める

複数人でインターネットバンキングを使用する場合、権限設定もしっかりしておく必要があります。誰にどこまで権限を付与するのか、事前に経営者を交えて決めておくようにしましょう。

振込限度額のを意識しておく

忘れがちですが、振込や振替の限度額にも気をつけましょう。取引が増えてくるといつの間にか振込の限度額を越えることがあります。いざ振込のタイミングで気がつくと、支払いが遅れるなど企業の信用問題にもつながります。日頃から振込限度額は意識しておきましょう。

 

まとめ

インターネットバンキングを導入するまでは手続きや決めるべきことがいくつかありますが、導入してしまえば企業にとって非常にメリットがあります。

銀行に行くなどの時間を節約できたり、会計ソフトに自動的にデータが反映され会計入力を効率化できたりとメリットが大きいインターネットバンキング。

導入すれば日々の経理業務が間違いなくラクになりますよ。

 

経理ペンギン
経理の効率化についてご質問を受け付けております。

ご質問がございましたら、下記フォームからお問い合わせください。

スマート経理お問い合わせフォーム

 

 

人気記事

1

毎月の試算表作成を早期化し、経営判断のスピードをあげたいとお考えではないでしょうか。 試算表の早期化は経理を仕組化し効率をあげることで実現します。 自社の経理がなぜか煩雑になってしまっている場合は、経 ...

2

企業の経理担当者。 会社にとって経理は重要なポジションであり、辞められると困る場合もめずらしくありません。 そもそもその退職時期など、誰にもわかりません。 ほとんどの人は月給制や日給制だと思うので、そ ...

3

皆さんは仕事上でExcelはお使いでしょうか? 事務職たるもの、Excel、Wordは必須。 PowerPointができれば尚良し、そう言われて就職されたのではありませんか? Excel、Word、P ...

4

社会保険や雇用保険などの面倒な行政手続きの手間削減が期待できるGビズID。 このGビズIDを利用するには事前にアカウント作成などの準備が必要です。 アカウント申請に2週間程度時間がかかるものもあるため ...

5

「freeeを使える経理代行」を探されている方が増えています。 ひとことでfreeeを使えると言ってもただfreeeを使うだけの経理代行と、freeeを使いこなす経理代行会社があります。 その違いは会 ...

-経理×テクノロジー

Copyright© 経理パレット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.