経理の課題を解決するためのブログ「経理パレット」

経理パレット

業務効率化

3つに分類できる法人カード!それぞれの違いを解説!

投稿日:

法人カードは3つに分類できます!
どんな業界であっても、経理業務は手間暇が、確実にかかります。
専門的な知識も必要です。
小口現金や仮払金の管理や帳簿付けなど。
非効率な業務がなくなればいいのに・・・と思っている経理担当者もいるかもしれません。
経理面で業務効率化につながるのが法人向けのカードです。
法人向けのカードは、クレジットカードやプリペイドカード、デビットカードなどの種類があります。

特に、プリペイドカードは経費精算を簡単にします。
また小口現金や仮払金を削減出来る可能性をもった法人カードなので、新しい決済手段として最近注目されています。

大きく分けると3種類ある、法人向けカードの特徴、この機会にぜびその違いを知ってください。

それぞれの違いを解説していきます。

法人クレジットカード

法人クレジットカードとは、法人名義のクレジットカードです。
申し込み時に提出する書類が多いので手続きは大変なイメージですが、ラウンジ利用など様々な付帯サービスがあります。

不正利用や紛失等に対しての対応があります。
さまざまな店舗やサービスなどが提供されていて、よく利用する場合は割引サービスなど色々な特典を受けることができます。

法人クレジットカードのメリット

経理業務は手間がかかり、人件費や残業などの問題につながります。
法人クレジットカードで支払いをすることで利用明細が記録されるため、経理業務の削減が可能です。

また、それぞれのカードによっては、ビジネスで役立つ付帯サービスがついていたり、コンシェルジュなどの特典があることもあります。
出張が多い会社ではその恩恵でメリットが多いかもしれません。
法人クレジットカードは豊富な種類があります。
入会金、特典、付帯サービス、ポイント還元率などで選ぶことができます。

法人カードによっては、入会条件が厳しいカードがありますが、カードを持つことで実績の少なくても、規模が小さい会社でも取引先に信用されるようになります。

メリット
・経費精算処理に便利
・付帯サービスが多い
・会社のイメージアップ
・特典が多い
・豊富な種類がある

デメリット
・必要書類が多い
・審査が厳しい時もある
・個人の信用も必要
・詐欺につながる可能性も

法人プリペイドカード

チャージをした金額だけ、利用することができるのがプリペイドカードです。
クレジットカードのように特典や付帯サービスはないのですが、必要書類はなく短期間でも利用できることが大きな魅力です。
さらに経理管理や清算の無駄をなくすなど、クレジットカードを作らなくても業務の効率化を図ることができます。

また即時決済なのでプリペイドカードを使った場合は、管理サイトで確認することもできます。
残高を確認できるのはもちろんのこと、場合によってはカード停止をすることも可能です。

法人プリペイドカードのメリット

法人プリぺイドカードは、クレジットカードやデビットカートと比較して与信審査が不要で必要書類が少ないことが大きなメリットです。
クレジットカードなどは登記簿謄本や印鑑証明などが必要であり、揃えるだけでも手間がかかります。

法人プリペイドカードは先にチャージした金額しか利用することができないため、使いすぎる心配がありません。
従業員の私費利用等の不正対策に活用することができます。
さらにクレジットカードと異なり、月額費で支払うサービスも多く、コストパフォーマンスも良いのです。

法人プリペイドカードはこれだけの魅力がありながら、経理清算処理に便利といった法人カードに最も必要なメリットをもちあわせています。
これらのことから導入企業も年々増えています。

 

メリット
・与信審査が不要で必要書類が少ない
・コストパフォーマンスが良い
・先にチャージをするので使いすぎる心配がない
・業務の効率化につながるのはクレジットカードと同じ

デメリット
・チャージされた金額しか使えない
・保険が付いていない
・付帯サービスが少ない

法人デビットカード

店舗などでクレジットカードと同じように使うことができるのに、クレジットカードのような審査がないことが大きな魅力です。
またクレジットカードの様に後払いでなく、即時決済なので、経理業務の負担を減らすことができます。

銀行のキャッシュカードと一体化のデビットカードも多く、それぞれの銀行で振込料無料などさまざまな優遇サービスを受けることができます。
年会費無料のカードが多いのも大きな魅力です。

 

法人デビットカードのメリット

法人デビットカードを申し込むためには、登記簿謄本などの書類は必要ありません。
法人口座は必要になりますが、すでにある場合は問題ありません。

クレジットカードと大きく違うのは、デビットカードは即時決済である点です。
クレジットカードのように後払いになると、経理の面では手間が増えますが、デビットカードなら事務の処理を減らします。

また、クレジットカードのような審査がなく、発行までの期間が短いにもかかわらず、クレジットカードと同様さまざまな店で利用可能です。
さらに銀行のデビットカードであれば、振込手数料などが優遇されることもあります。

クレジットカードのような特典はありませんが、デビットカードの特典も最近増えています。

 

まとめ

法人クレジットカード
法人プリペイドカード
法人デビットカード この三種類の違いとメリットがわかりましたか?

法人プリペイドカードはこれだけの魅力がありながら、経理清算処理に便利といった法人カードに最も必要なメリットをもちあわせています。
これらのことから導入企業も年々増えています。

 

経理ペンギン
バックオフィスの効率化についてご質問を受け付けております。

スマート経理お問い合わせフォーム

 

 

人気記事

1

毎月の試算表作成を早期化し、経営判断のスピードをあげたいとお考えではないでしょうか。 試算表の早期化は経理を仕組化し効率をあげることで実現します。 自社の経理がなぜか煩雑になってしまっている場合は、経 ...

2

企業の経理担当者。 会社にとって経理は重要なポジションであり、辞められると困る場合もめずらしくありません。 そもそもその退職時期など、誰にもわかりません。 ほとんどの人は月給制や日給制だと思うので、そ ...

3

皆さんは仕事上でExcelはお使いでしょうか? 事務職たるもの、Excel、Wordは必須。 PowerPointができれば尚良し、そう言われて就職されたのではありませんか? Excel、Word、P ...

4

社会保険や雇用保険などの面倒な行政手続きの手間削減が期待できるGビズID。 このGビズIDを利用するには事前にアカウント作成などの準備が必要です。 アカウント申請に2週間程度時間がかかるものもあるため ...

5

「freeeを使える経理代行」を探されている方が増えています。 ひとことでfreeeを使えると言ってもただfreeeを使うだけの経理代行と、freeeを使いこなす経理代行会社があります。 その違いは会 ...

-業務効率化

Copyright© 経理パレット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.