経理の課題を解決するためのブログ「経理パレット」

経理パレット

業務効率化

バーチャルオフィスを利用して起業する場合のメリットと注意点

投稿日:

リモートワークの普及により、「その場所へ行って仕事をするため事務所」の必要性が薄れ、バーチャルオフィスの需要が高まりつつあります。
バーチャルオフィス(Virtual Office)とは「仮想の事務所」のことです。
今回はそのサービスの内容やメリットの他、バーチャルオフィスを借りる前に確認したいことなどを考えてみます。

バーチャルオフィスのサービス内容

バーチャルオフィスのサービス内容は、顧客に仕事をする場所ではなく事業開始に必要となる住所などを貸し出すことです。

その他、こんなサービスがあります。

1・郵便物の受け取りや転送

バーチャルオフィスの運営会社が郵便物を受け取り、あらかじめ指示しておいた住所に転送するか、利用者が受け取りに来るまで保管しておいてくれるサービスです。

2・社名を表示

ビルのエントランスにある案内板などに社名や屋号を記載してくれるサービスです。

3・会議室の貸し出し

クライアントとの商談やビジネスパートナーとの打ち合わせの際にバーチャルオフィス内の会議室を利用できるサービスです。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスのメリットは主に4つあります。

1・プライバシーを守ることができる

ビジネスでは不特定多数の人と関わることになりますが、バーチャルオフィスであれば自宅の住所を知られないので、プライバシーを守ることができます。

2・ブランディングができる

都心の1等地にバーチャルオフィスを借りれば、クライアントや金融機関からの信用力が増し、自社のブランディングを図ることができます。

3・すぐに住所を借りることができる

一般的にオンラインで契約ができたり、即日審査が可能だったりと、賃貸事務所やレンタルオフィスの場合と比べて、利用開始までがスピーディです。

4・コストを抑えられる

バーチャルオフィスであれば、低予算で法人登記や各種手続きに必要な住所を手に入れることができます。

バーチャルオフィスを借りる前に確認したいこと

バーチャルオフィスを借りる前にはぜひ次の内容を確認しましょう。

1・過去に犯罪があったなど、マイナスイメージがないか

銀行の法人口座の審査などでマイナス評価とならないように、犯罪歴がないオフィスを選んでください。

2・駅からアクセスしやすいか

クライアントとの打ち合わせの際、バーチャルオフィスまで足を運んでもらうことがあるので、駅からアクセスしやすいかどうかをチェックしましょう。

3・外観や内装はきちんと管理されているか

クライアントにマイナスイメージを与えないよう、外観や内装をチェックしておくことも大切です。

 

バーチャルオフィスを有効活用して事業を軌道にのせよう

副業を解禁する企業やパラレルワーカーの増加、働き方の多様化などによって、年々のニーズが高まるバーチャルオフィス。

企業後事業が軌道にのるまでの間の活用もオススメです。

 

 

 

人気記事

1

毎月の試算表作成を早期化し、経営判断のスピードをあげたいとお考えではないでしょうか。 試算表の早期化は経理を仕組化し効率をあげることで実現します。 自社の経理がなぜか煩雑になってしまっている場合は、経 ...

2

企業の経理担当者。 会社にとって経理は重要なポジションであり、辞められると困る場合もめずらしくありません。 そもそもその退職時期など、誰にもわかりません。 ほとんどの人は月給制や日給制だと思うので、そ ...

3

皆さんは仕事上でExcelはお使いでしょうか? 事務職たるもの、Excel、Wordは必須。 PowerPointができれば尚良し、そう言われて就職されたのではありませんか? Excel、Word、P ...

4

社会保険や雇用保険などの面倒な行政手続きの手間削減が期待できるGビズID。 このGビズIDを利用するには事前にアカウント作成などの準備が必要です。 アカウント申請に2週間程度時間がかかるものもあるため ...

5

「freeeを使える経理代行」を探されている方が増えています。 ひとことでfreeeを使えると言ってもただfreeeを使うだけの経理代行と、freeeを使いこなす経理代行会社があります。 その違いは会 ...

-業務効率化

Copyright© 経理パレット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.