経理の課題を解決するためのブログ「経理パレット」

経理パレット

経理の基礎知識

【企業における経理の役割】スケジュール別業務・これから必要なスキルについても解説!

更新日:

「経理」と聞くとお金のことを扱う部署だというイメージで、詳しいことはあまり知らないという方が多いのではないでしょうか。

このイメージは半分正解で、半分不正解です。なぜならお金のことを扱う仕事というのは経理のごく一部の業務。その他にも重要な仕事を行っているからです。

この記事では経理の仕事内容、経理に求められるスキルについてお伝えします。

経理とは

経理は「経営管理」の略称。売上や経費などを取りまとめ試算表などで企業の経営状態を示す資料を作成します。

会社のお金の流れを数値化し正確に管理することが求められます。数値化された資料を元に経営層が経営判断を下すためミスは許されません。

ルーティーンでコツコツした業務が多いのが特徴ですが決してひとつひとつの作業を軽視できないため、日々丁寧かつ迅速に処理していきます。

 

また、経理に似た業務としては財務・会計があります。財務は銀行との融資交渉など未来のお金を作る仕事がメインです。一方会計はすでに起こった取引をまとめていく過去のできごとをまとめるのがメインとなります。実は会計は経理の仕事の中のひとつで、会社のお金の出入りを記録する業務です。

 

経理は会社の規模によってチームで運用し個人は「買掛金担当」など業務が細分化されることもあれば、全ての経理に関わる業務を1人で担当する場合もあります。

 

一般的な経理の仕事内容

経理の仕事は「日次業務」・「月次業務」・「年次業務」に分けられます。ここからはそれぞれについて解説します。

日次業務

経理として毎日行わなければいけない業務は下記のようなものがあります。

  • 現金・預金の管理
  • 仕入れ管理
  • 売上管理
  • ファイリング
  • 経費精算
  • 会計入力

経理の日次業務は会社によって異なることもありますが、一般的には出入金の管理・証憑類の確認や整理・会計入力がメインです。これらの作業は最終的に納税につながったり、経営判断を行うための資料の元となります。そのため単調ではありますが決して軽視できない作業です。

月次業務

経理の月次業務には下記のようなものがあります。

  • 売掛金・買掛金の管理
  • 帳簿の締め切り
  • 月次決算資料作成
  • 月次決算のチェック
  • 経営層への報告
  • 請求書発行
  • 各種支払い
  • 源泉所得税の納付
  • 住民税の納付
  • 社会保険料の納付

月次業務はほぼ毎月ルーティーンで行われます。請求や支払いは月末に集中していることが多く、一定の期間で締め日を設けてまとめて集計します。また、支払いに関しての資金繰りや債権回収状況の確認も経理にとって大切な仕事です。月末に一通りの業務を終えると、翌月のなるべく早い時期に月次決算資料を作成し経営層に提出します。

この月次決算資料は経営層が経営判断をするための大切な資料のため、正確かつ迅速に作成することが求められます。

年次業務

年次業務には下記のようなものがあります。

  • 決算業務
  • 法人税の申告
  • 納税
  • 年末調整
  • 次年度の予算編成

年次業務は年に1度しかありませんが、会社にとって大切な業務ばかりです。しかし年に1度しか行わないので前回行った業務手順を思い出すのに時間がかかったり、1から調べなおしたり、想定外のトラブルが起こることもあります。

そうならないためにも事前に年間スケジュールを作成し、先回りして事前準備を行っておきましょう。

また年末調整の時期は経理にとっての繁忙期ですので、しっかり段取りを組んで業務を進めてくださいね。

 

近年の経理に求められているスキル

経理は会社のお金と情報を扱う部署のため、正確さ・責任感・コミュニケーション能力が必要です。これらのスキルは経理が長い間経理が会社の裏方として会社の重要な情報をまとめ、経営層にいち早く伝えるという役目であったため大切でした。

しかし近年の経理では正確さ・責任感・コミュニケーション能力のスキルに加えて、問題解決スキルや分析スキルも求められています。

ここ数年の経理の現場ではIT化が進んでおり、ルーティーン業務はITツールを使えば人が作業しなくても業務が進みます。

これにより経理担当者はよりコア業務にさける時間が増え、会社の数字を分析し、経営層にわかりやすく説明・問題解決策を提案するスキルが求められるようになってきました。

 

「AIにとって変わられる」と言われることもある経理ですがそれはルーティーン作業の話です。

経営者がスピーディーな経営判断を下せるようにサポートするなど経理の知識を活かした業務は、これからもなくなることはないでしょう。

関連記事|IT時代に知っておきたい経理キャリアプラン|経理パレット

 

経理は経営者の意思決定をサポートする仕事

経理業務は淡々と同じことを行うことも多いです。しかしこれらを間違いなくスピーディーに積み上げて行くことで、経営者は正確な経営資料を確認することができます。

いわば経理は経営者の意思決定をサポートする仕事です。

 

経理のIT化が進む中、経営者のサポートができる経理はますます価値が高まります。ルーティーン業務はうまくITツールを活用して効率化し、経理としてのコア業務を行える環境づくりをすることで経理の仕事はさらに面白くなるしょう。

 

人気記事

1

毎月の試算表作成を早期化し、経営判断のスピードをあげたいとお考えではないでしょうか。 試算表の早期化は経理を仕組化し効率をあげることで実現します。 自社の経理がなぜか煩雑になってしまっている場合は、経 ...

2

企業の経理担当者。 会社にとって経理は重要なポジションであり、辞められると困る場合もめずらしくありません。 そもそもその退職時期など、誰にもわかりません。 ほとんどの人は月給制や日給制だと思うので、そ ...

3

皆さんは仕事上でExcelはお使いでしょうか? 事務職たるもの、Excel、Wordは必須。 PowerPointができれば尚良し、そう言われて就職されたのではありませんか? Excel、Word、P ...

4

社会保険や雇用保険などの面倒な行政手続きの手間削減が期待できるGビズID。 このGビズIDを利用するには事前にアカウント作成などの準備が必要です。 アカウント申請に2週間程度時間がかかるものもあるため ...

5

「freeeを使える経理代行」を探されている方が増えています。 ひとことでfreeeを使えると言ってもただfreeeを使うだけの経理代行と、freeeを使いこなす経理代行会社があります。 その違いは会 ...

-経理の基礎知識

Copyright© 経理パレット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.